決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くある

あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。

それは国公立の医療機関で働くことです。本来、職業としての看護師が専門的な知識や経験が求められ、安定した仕事だという理由から希望者が多いのですが、さらに加えて、公務員の待遇もあればさらに安定した職業になると言えます。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点はなによりも嬉しいメリットですよね。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。

とはいえ、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。
直前まで愚痴を言っていても打って変わって笑顔になるのです。

考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。知りあいが職場に入院していたので見舞いをした時に、とても忙しそうに働く看護師をよく目にしました。患者さんの中には体の自由がきかないために、しょっちゅう介護士コールで助けを求める人も珍しくないのです。

看護師さんの日々の作業は、医療に関わらない一般人からみても、日々苦労が絶えません。
数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、それだけに入職が簡単という利点を持ちます。
きっかけが結婚や出産だったり個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の入職を考える人もいます。入職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。
でないと、入職そのものが危ぶまれます。より幅広く看護の経験を積むために、多くの科がある職場に勤務したい、設備の揃った総合職場で、最先端の看護を学びたい、などなど志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。

知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号としてどこでもよく通用します。

ちなみにエッセンとは何かといいますと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。
一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、その影響です。
何であれ便利に多用されているようです。
医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は神経を張りつめていることが多く、そうしたことにより強いストレスを経験することになります。

つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、メンタル面にもつらい部分があると言えます。
自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を持っているということは大きな利点であり、この先も長く続けたい場合は見逃すことのできない点になるでしょう。入職サイト、看護roo!の中の看護師専用のコミュニティサービスも、先輩の看護師がくれるアドバイスや看護師の旬な話題がいろいろ掲載されているので、とても人気があります。

看護師関連の疑問、質問、それらの回答もすぐに読めるので、たいへん参考になりますね。

看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると決まって体調を崩すようであれば、日勤のみの職場に入職するのも良いでしょう。ここで気を付けたいことは、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く看護師よりも収入が減ってしまう事がほとんどです。

現在の年収を下げてまで今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。看護師資格を得るための国家試験は、年に1回行われています。
看護師の不足を問題としている日本にとっては祝福すべきことに、ここ数年での看護師資格の合格率は90%前後ととんでもなく高い水準をキープしている。看護師の国家試験は、大学入学みたいに落とすための試験ではなく、一定のラインをクリアすれば合格可能な試験です。

平均寿命は年々高くなり今となっては超高齢化社会となっていきました。そういう状況で、需要が見込まれる職業が看護師と介護士、医師です。いずれも、専門知識、技術を要し、楽な仕事とはいえません。この3つの職種の従業者の育成を政府は、さらに真剣に考えるべきではないでしょうか。
新卒で勤め始めた新人看護師や、別の医療機関から入職してきたばかりの看護師に多いのですが、間違いなく残業をしているのに、相当する手当が出ないという職場があるといいます。

ただ働きで残業をさせるのは、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。
勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、当然、働いた分のお金は、対価をもらう権利があります。

今、日本ではEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。

ですが、日本語を使った看護師国家試験に3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には帰国する必要があります。

職場などで就労や研修を行いながら、日本語を学習し、それに加えて、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。

看護士の求人は多数ありますが、労働条件などが合う求人が確実にあるとは限りません。看護師の資格を持っている方ならば就職できればいいという人は少数でしょう。

年収ができるだけ多く環境も整っており、勤務は日中だけという仕事場で働きたいと考えている人の数は多いものです。

自分の望んだ入職に成功するには、大切なのは情報を多く収集することになります。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は女性が担うものというイメージがありました。でも、今では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。看護師に相応しい性格や能力をみても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。
母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。患者という立場から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、多くの覚える事や繰り返しのチェックなど酷くストレスを感じていると言えるでしょう。ですから、看護師によっては鬱を発症するケースも今では珍しくありません。
性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、大半の職場が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、まだ経験が浅ければ、ほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。

妻がまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず大変だった思い出があります。
大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、その一方で困難もまた様々なのです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。

そして、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。
そういったことをわかった上で、看護師という仕事を希望し、勉強に励む人が多い訳は、短所を帳消しにできる長所も多いということに他なりません。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後になって、職場まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。また、特に患者さんのご家族から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、しみじみとやりがいを感じられます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、多分看護師はもう辞めたい、などと願ってしまうでしょう。

職場によって看護師の勤務時間が長いことがあります。そういう職場は、人件費を節約するために最低限の看護師の人数で回している職場がほとんどです。

そんな職場だと、看護師が慢性的な疲労状態で、医療ミスが起こしがちだというデータがありますから、就活の時には確認をするようにしましょう。看護師の業務内容には、どんな業務があるのでしょうか。
朝のうちに、前日の夜勤の担当者から患者さんの状態を聞き、引き継ぎを行います。
この業務は、夜勤と日勤の交代に際して絶対に行われる「申し送り」という名の業務です。それを済ませてから、入院中の患者さんのバイタル測定を行って、清拭や入浴の介助を必要にあわせて行うのです。

Comments are closed.