喫煙者はかなり多い

少し長く看護師をしてきておりますが、思ったことは、一般に看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。
タバコが有害という認識が広まったこともあって、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。
しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。

そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。
職場での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。
子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。

また、病棟勤務と違い、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。

例外を除いて、夜勤ももちろんありません。外来勤務が忙しくなるかどうかは、職場による部分もありますが、特に大職場や、人気の診療科などがあると待合室に患者があふれるようなことにもなって、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。
どんなスキルが必要になるか、ということもどんな職場か、診療科はどこかによって、変わってきます。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校という二つがあります。
それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。対する専門学校については、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、そういった経験を生かして即戦力になれます。その他、学費に関しても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。
仕事を探そうと思うと、まず、考えつくのがハローワークでしょう。

ハローワークに行ってみると看護師の求人も多くなっています。
スタッフに求人情報を聞いてみたり、アドバイスを受けられるという利点がある反面、好条件の求人情報は、あまりみつからないというマイナス面があることも覚えておいてください。看護師として働きながら金銭的な余裕があればと考えた場合に行う他の仕事にサイドジョブがあります。仕事が休みの日を活用してアルバイトなどを行う看護師は年々増加しています。

サイドビジネスのメリットは、何もしていない時間を効果的に活用することができて関係のない仕事をすることで息抜きにもなる事です。
3年間、看護専門学校へ通って、国家試験を受けるにあたって要する資格を得られるでしょう。

このルートで免許取得を目指す人が最も多いでしょう。

今現在、職場で行う実習が他の学校などよりも多いということもあり、就職した後も意外と簡単に業務をすることができます。
看護師は職場の同僚と飲みに行くことがあります。

人手が足りていないので、みんなが集まることは滅多にありませんが、どうにか予定を合わせて飲み会に行きます。
職場での出来事など共通の話題や共感することが多く、ストレスが解消されて介護士飲み会は大盛況です。入職しようと思う看護師の志望動機には多様なものがあります。

例を挙げると、最先端医療や高度な医療技術の習得と場数を多く踏むために、専門性の高い医療機関に入職したいという状況もあると思います。

別の例としては、結婚して、出産などのライフスタイルに変化で、入職を希望する場合も何件もあります。
時として、看護師は非正規雇用でバイトやパートで働くこともあります。
その際、重要度が高いのが時給ではないでしょうか。
正規雇用と比べると、パートとかアルバイトの看護師は待遇面で劣っている事が多いですから、やっぱり、時給を高くしてくれないとモチベーションが上がりません。理想を言えば、少しでも高い時給だと、ありがたいですよね。看護師の立場でだと仕事も育児もこなすのは難しい課題といえます。職場で仕事をしたいと感じていても、育児をやりながら、看護師の職責を果たすというのは、様々な困難が発生してしまいます。
看護師と育児を同時にこなすのは自分だけの問題としてよりも医療全般の課題として試していく必要がある思います。看護師として、初めての職場で働きだそうとする際、どこに配属されるかは大変気になりますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる職場もありますし、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定に至ることもあります。全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、そこに配属になる事が多いのです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。看護師は、寝返りをすることが困難な患者の体位交換や、食事を一人でできない患者の介助、排泄の介助といった体力の要る仕事も非常に多いです。
その間にも、他の患者さんから介護士コールがあれば、即対応しなければなりません。

入院患者が少しでも良い入院生活を送ることができるように考えていくことも看護師の仕事です。
国内の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立職場で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収は平均593万円くらいになります。
公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間の職場に比べて高く、福利厚生も手厚くなっています。
准看護師として働いている場合は、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。職場へ行くと次々と患者の方がくるので、看護師の方はいつも忙しそうにしています。
テキパキとこなしていたり、大きい声で名前を言ったり、患者の方に説明したりなどと、性格的にしっかりしていないと勤まらないかなり大変な職業だと思います。

だけど、その分、とてもやりがいがある職業だと思いました。
看護師になるための資格である国家試験は、1年に1度行われます。看護師が不足していることが問題となっている私たちの国にとってうれしいことにここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高水準を保っています。看護師の国家試験は、大学入試のような落とす目的の試験ではなく、決められたラインをクリアできれば合格できるものです。

世間では、看護師は取り組みがいのある仕事だといわれています。
現在は、どの仕事でも一対一で人とかかわることが少ない傾向にあります。
一方、看護師は人と深く関係することができ、援助することができるという意味で挑戦しがいがあると感じる方が少なくないのでしょう。よく知っている看護師が長期にわたって職場の人間関係に悩まされていたのですが、とうとう先月、退職してしまいました。
このような状況のご時世、看護師を新たに採用するにもあまり看護師のなり手がいないようで、職場側は頭を抱えているということでした。

退職されて困ってしまうなら、そのようにならないように、もう少し配慮すればいいのにと呆れました。
休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第で土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。

変則的な出勤があったり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。
そして、入院施設がなく、個人経営の職場に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日は休みでしょう。看護師になるための手段として、主に二つの方法があります。

それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。
学習内容にそう変わりはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門卒の場合と比較すると、ちょっと高い給料がもらえます。
それに対して、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習時間が多く設けられているため、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。看護師が引っ越しのため、やむなく入職するケースでは、なじみのない地域で入職先を探すことは大変苦労します。
職場環境やその土地での評価などを己の力で、全部調べるのは難しいと思います。

近くの市町村で探す際も、期待に沿う入職先を探すと、想像以上に求人の情報の少なさに驚くかもしれません。

Comments are closed.